ヘパリーゼ 肝臓に悪い

「ヘパリーゼは肝臓に悪いの?

 

ヘパリーゼ」は「肝臓エキス」と「ウコンエキス」が配合された清涼飲料水です。

 

お酒の分解をサポートするだけでなく、健康維持効果も期待できます。

 

そんな「ヘパリーゼ」ですが、実は肝臓に悪いのでは?という噂があるようです。

 

肝臓をサポートするものなのに、逆に負担になってしまっては意味がありませんよね?

 

そこで、今回は「ヘパリーゼ」が肝臓に悪いのかを調査しました。

 

ヘパリーゼが肝臓に悪いのかを調査した結果・・・

 

 

ヘパリーゼが肝臓にどのような影響を与えるのか調査をしました。

 

ヘパリーゼには以下の成分が含まれています。

砂糖、肝臓エキス(豚肉を含む)、ウコン抽出物、黒コショウ抽出物/トレハロース、酸味料、安定剤(増粘多糖類:大豆由来、セルロース)、香料、環状オリゴ糖、甘味料(スクラロース)、ナイアシン、ビタミンB6、ビタミンB2

 

それぞれの成分について調べてみましたが、肝臓に悪影響を及ぼすようなものはありませんでした。

 

ヘパリーゼのメインである肝臓エキスは、レバー由来の天然・良質なアミノサンが豊富に含まれています。

 

細かく分解されて配合されているので、プロテインや肉などよりもタンパク質を吸収しやすくなっています。

 

肝臓に吸収されることで、滋養強壮効果を発揮するので、元気になります。

 

といったように、体に悪い成分は一切入っていないことがわかりました。

 

そのヘパリーゼですが、調べていたところ、ドリンクだけでなく「ヘパリーゼZ」というサプリメントの販売も販売されていることがわかりました。

 

ご存知でしたか?

 

 

肝臓エキスはヘパリーゼの2倍もあり、オルニチン・セサミン・L−シスチンも配合されています。

 

サプリメントなので、持ち運びに便利というメリットもありますが、何よりも価格が安いです。

 

ドリンクタイプですと、1つ260円ほどしますが、サプリメントは1日分が180円です。

 

飲み会やお付き合いが多い方にとって、かなりコスパが良くなっています。

 

ドリンクを毎回コンビニで購入している方は、サプリメントに切り替えてみてはいかがでしょう。

 

よって、調査の結果「ヘパリーゼ」は肝臓に悪い成分はなく、サプリメントがお値打ちだという事がわかりました。

 

ヘパリーゼZについての口コミ

 

 

最近飲み会が多く、また忘年会シーズンが近くなったので購入しました。

 

個包装なので持ち運びに便利で、昼休みや飲み会に行く寸前に飲めるのがいいですね。

 

おかげで次の日二日酔いが軽いです。


 

 

元々アルコールが合わない体質なのですが、付き合いで飲むこともあり、今までは飲んだ後にウコン系ドリンクを飲んでいました。

 

ヘパリーゼZを購入して、飲み前に飲んでおくと非常に次の日が楽でした。

 

飲みに行く前にコンビニによる手間や忘れが無くなったので、楽です。


 

 

ドリンクで飲んでいましたが、かさばるため錠剤にしました。

 

これだと、不意に飲み会に誘われた時でもだいじょうぶです。

 

いつもポーチに入れておきます。


 

「ヘパリーゼZ」はヘパリーゼの錠剤タイプです。

 

携帯に便利で、ドリンクよりも価格が安いです。

 

公式サイトでは、初回限定のお値打ち価格で購入できます。